引越し業者でも預かりOK

引越し業者でも預かりOK

自分にとって必要な家具や家財道具は自分にしか分かりませんが、それでもものが明らかに多いときは、多少ものを捨ててから引越しましょう。引越し先が前の住居より広い場合は、いいのですが、ときにはより小さな住居に引っ越すことも可能性としてはありますね。そんなときには、新居にものが入りきらないときがあるそうです。

 

そんなときに便利なのが、引越し業者で荷物を預かってくれるサービスです。このサービスを使えば、新居にすべて持ち込まないでも、考えながら家具のレイアウトを決められます。引越し時、時間が無くて、捨てる、使うものを選別できなかったものも、引越してから冷静に時間をかけて捨てる、保存の判断ができます。

 

引越し業者で預かっているものでも、どうしても新居に持ち込めない、例えば、家具の背が高すぎるとか、物が多すぎるとかがありますが、その場合は、期間一杯預かってもらい、売却したり、または価値があるものならば、そのまま、トランクルーム、レンタルルームなどで保管したりもいいでしょう。ただ、それだけの価値があるものであって、ガラクタをそのまま保存するのはお金のムダなのでやめましょう。ときには、すぱっと要らないものを捨てることも大事なのです。