なんてこった!引越しSOS

単身から家族へ、過去と荷物は捨てよう!

単身のときには、たいして家財道具も多くなく、ワンルームでも十分暮らしていける、また余剰スペースがあったというのに、所帯、つまり家族を持つと、突然余剰スペースがなくなってきます。そうなると引越しを具体的に検討せざるを得ません。

 

もし自分、もしくはパートナーが、もう一人分、もしくは家族で住むような物件をすでに持っていたらラッキーですが、だいだいは、人は身の丈にあった暮らしをしているし、大きな部屋を持っていても、そのまま単身、独身の人は多いものです。

 

もし新しいパートナーと一緒に暮らす、また子供ができたなどのライフイベントがあったときには、人は住み替えを考えます。

 

いまは家財道具でも何でも安く、簡単に手に入りますので、もし捨てられるものが合ったら捨ててしまったほうが、経済的です。物を運ぶ、置くのにもスペースが、お金がかかるからです。

 

ましてや一人暮らしではなく、新しくもう一人以上が加わるのですから、それだけ物を置くところが制限されます。新居にあわせて新しく買い替える場合もあるので、どうしても捨てられないもの意外は、手放したほうが引越しはスムーズにいくものです。あとは引越しの専門家にアドバイスを受けると荷物がまとまりやすくなります。

参照リンク

とにかく安く済ませたい一人暮らしの方必見!・・・たくさんある引っ越し業者から安い業者を選び出す簡単な技を紹介!